Conekoya 猫好きセラピストのおうちサロン

愛媛県松山市でリコネクションが受けられるサロン。 エドガー・ケイシーが勧めた“ひまし油湿布”も好評。

Conekoyaへようこそ。

エドガー・ケイシーの勧めたヒマシ油湿布とオイルマッサージ(オイルトリートメント)、オイルを使って健康に!

内面も外面も、いつでも元気で美しくいたいものですよね。
Conekoyaはあなたの専属セラピストとしてこころとからだをケアします。

リコネクション専用HPあります。
https://conekoya333.jimdo.com/
2015年5月、速やかにリコネクションサーティファイドプラクティショナーにタイトル更新しております。

営業日はConekoyaのHPをご覧ください。

ヒーリング・エネルギーは大いなる源からやってくる

以前にいただいていた体験談をようやくアップさせていただきます

                        

随分遅くなってしまったのですが、以前ヒーリングしていただいたその後談を聞いていただきたくてメールしました。ヒーリング直後は本当に真っ白で覚えていなくて書けなかったのですが、約2か月経ってあれ?と気づいたことがありって書いてみました。
ヒーリングを受けたのが3か月前でしたので、随分お日にちが経過しているのですが、今になって色々と変化を実感しています


一つ目は、ヒーリングを受けた直後。
今まで大切に思ってきたことが今の自分にはそぐわなくなっていると感じていたものをバッサリ手放しました。薄々気づいていたのに手放し難くずっとグズグズしておりましたが、ある時スパッと行動していました。思考よりも気づいたら行動していた・・・という感じでしたが、心理的にもきちんと受け入れられてスッキリとしています。

二つ目は、人間関係&感情面です。
数年前から感情的にわだかまりを持っている方がいて、何かというとその方のことが気になり、批判的な考えが浮かんできていました。そういった感情を持っていること自体、自分でも嫌な気持ちになるので、その感情を手放そう、赦そうとするのですが、なかなかうまくいかなかったのです。

それがヒーリングを受けて2か月後、ふとその方のことが思い浮かんだのですが、いつもならくっついてくる感情が全く出てこないことに気づきました。まだ半信半疑なところもありその後も様子を見ていましたが、感情は消えてしまったかのように真っ白です。そして不思議なことに現実的にその方は私の視界から消えてしまいました(笑)その方を遠ざけたわけでもなく、自然な形で接点がなくなりご縁が終わったようです

そのことは、ヒーリングを受けた直接の動機ではなかったので正直驚きました。
今必要ないもの、溜め込んだ頑固な感情などを私の気づかないうちに自然に、でも強制的に清算されたような感じです。ずいぶんスペースが空いて風通しがよくなり清々しい気持ちでいられるようになりました。ありがとうございました。


                     

「ヒーラー」として、僕たちはリコネクションという鎖を構成する一つの輪になるのだ。ヒーリング・エネルギーは大いなる源からやってくるものであり、僕たちの内に、僕たちを通って流れ、僕たちから、僕たちに放射される。このエネルギーは、プリズムを通過する光のようなものだ。僕たちがプリズムで、僕たちを通して発生する愛(最も気高い意味での)と調和とから成る共通のフィールドにおいて患者と宇宙を結びつける。宇宙は患者たちのニーズを認識し、そのニーズへの適切な対応を可能にする環境を提供する。

スタディグループ in 松山 3巡目 上巻第1課

ちょっと遅くなりましたが、報告。

10月29日、午後は2011年から定期的に続いているスタディグループ。

スタディグループとは・・・?

“多くの人が質問しました。「人生の目的は何ですか?」「人は何のために生きるのですか?」「わずか数十年のこの人生に何か価値があるのですか?」と。
 (略)ケイシーは次のように答えました。すなわち、「人間の本性は永遠不滅の霊的存在であり、人は魂の錬磨のために何度も肉体に生まれ変わり、ついには輪廻を越えた霊的世界に行くのだ」と。そして人生にとってもっとも重要なことは「肉体生活を送りながら、精神的・霊的に成長し、究極的には神の共同創造者になることだ」と。
 この言葉に促され、霊的成長の道を探求するグループがエドガー・ケイシーの周囲に形成されるようになりました。(略)。
(略)霊性を高める努力と聞くと、何か宗教団体の研修や修養法などを連想しますが、エドガー・ケイシーのリーディングはむしろ日常生活の中にあって、その中で自分の心と魂を高めていく道を示しました。普通の社会生活を営みながら、自らの精神性・霊性を陶冶することを求めたのです。(略)
 霊的な成長を促すために、リーディングは彼らに実践すべき課題を与えました。そして、グループがそれらの課題を達成すると、次の課題を与えるという具合に、徐々に課題の内容を高め、彼らが着実に向上するように導きました。”
たま出版『神の探求Ⅰ』エドガー・ケイシー[口述] AREスタディグループ[編纂] 光田秀[訳] 訳者まえがき より

実践すべき課題は全部で24
『神の探求Ⅰ』1課~12課 と 『神の探求Ⅱ』1課~12課

今月はⅠの第1課『協力』
各課の最初にはアファメーションが書かれてあります。
ここでは
“わたしの意志ではなく、おお主よ、あなたの御意(みこころ)がわたしの内にわたしを通しておこなわれますように。
わたしがさまざまな形で接するすべての人に対して、私を今日、いま、祝福の水路としてください。
(後略)”
 ※「主」がしっくりいかなければ「仏陀」でも「宇宙」でも「神様」でもOK
小賢しい自分を捨てて神の祝福が流れる水路になること・・・なれるかにゃ
このあたりはリコネクションにも共通するものを感じます。

《理想》の内に自己を失う時、協力は自然に生じてきます。”『神の探求Ⅰ』P44
 ※ここでの《理想》とは霊的理想。利己的な理想ではなく、神様の前に出しても恥ずかしくない理想。
わたし達が社会の高い可能性を見続けることが、社会を向上させることにつながるのです。それが社会への協力です。”『神の探求Ⅰ』P45
否定的な思いを、建設的で積極的な思いに取り替えましょう。誰をも咎めず、誰に対しても親切に語り、思いやるようにしましょう”『神の探求Ⅰ』P48

などなど、『協力』について3度目の学びの時間を持って
これから次のスタディグループまでの約1か月半は
一人一人のメンバーそれぞれが『協力』について取り組むべき課題を自分で設定して実行していくのです。
Conekoyaも課題を設定。
さすがに3巡目になると最初よりはスムーズに設定完了

エドガー・ケイシー療法による精神疾患・神経疾患の治療法 講座に参加しました

2週末連続の台風到来の中、無事に松山で
『エドガー・ケイシー療法による精神疾患・神経疾患の治療法』の講座が実施されました
今回取り上げられたのは
・二分脊椎症
・統合失調症
・てんかん
・パニック障害
・学習障害
・うつ病
・ADHD(注意欠陥/多動性障害)
・不眠症
・パーキンソン病
・乾癬
・認知症

なかなか盛沢山。
ほんの少しですが、かいつまんで復習してみます。

《二分脊椎症》
ケイシーのリーディングの中にもこれについての箇所があったそうです。
赤ちゃんのお父さんがリーディングを依頼。
勧められたのは
 熱いお風呂に入れてお風呂から出たらグライコサイモリンのパック
 そのあとココアバターのマッサージ

《統合失調症》
140件のリーディングの中で頭部のケガなどによるものは2件だけで
あとは背骨の問題によるもの。
特に仙骨、尾骨。次に頸椎。
統合失調症の4割は逆子で生まれたときのダメージが思春期を過ぎて17~18歳で発症。
発症して2年以内だと背骨の調整で治りやすいが2年を超えると背骨の異常が内分泌腺に影響を与えて治りにくくなる。
勧められたのは オイルマッサージ

《てんかん》
ケイシーによると原因となるのは2か所
 ①十二指腸・・・食後や油っぽいものを食べた時に発作がおきやすい。
 ②仙骨・尾骨・・・食事に関係ない。寝ている間などに発作が起きやすい。

①の場合勧められたのは
 ひまし油湿布ピーナッツオイルによる十二指腸部分のマッサージ
②の場合すすめられたのは
 オイルマッサージ(3~4か月かけて徐々に)

《パニック障害》
ケイシーによると脾臓に問題があって柔軟性のない血液が体内を流れているとのこと。
勧められたのは 脾臓部分へのひまし油湿布心の持ち方(大丈夫だと言い聞かせるなど)

《ADHD》
血液中の毒素が多いらしくひまし油湿布が有効
食べ物に白砂糖が多いとよくない。
ひまし油湿布オイルマッサージで1か月ほどで治った例もあるとのこと。


やはりひまし油湿布とオイルマッサージは地味だけどすばらしいとつくづく感じた講座でした。
このシンプルですばらしい健康法がもっともっと多くの人の助けとなりますように・・・
ギャラリー
  • おかげさまでConekoya 3周年
  • おかげさまでConekoya 3周年
  • おかげさまでConekoya 3周年
  • サビ猫チロルのお接待
  • サビ猫チロルのお接待
  • リコネクション メンタリング合格です
  • リコネクション メンタリング合格です
  • エゴの白い花が満開
  • エゴの白い花が満開
Conekoyaプロフィール
レトロな愛媛県松山市三津の商店街。とある一軒家に猫好きセラピストがもう仔猫でなくなった黒っぽい猫のはなちゃんとゆるく平和に暮らしています。 セラピストは施術が大好き。親しい人々からは「三津の白い魔女」と呼ばれています。 ここに通う素敵な人々はあの手この手で“めっちゃ気持ちよくめっちゃゆるめられらくに無理せず”前よりもきれいに、元気に、健康に、なっていくのです。


Conekoyaホームページ

松山南高校ホッケー部OG交流会
  • ライブドアブログ