Conekoya 猫好きセラピストのおうちサロン

四国愛媛県松山市で エドガー・ケイシーがリーディングで勧めた「ひまし油湿布」とオイルトリートメントを実践する小さなプライベートサロンです。 地方に居ながらリコネクションが受けられるサロンでもあります。

Conekoyaへようこそ。

エドガー・ケイシーの勧めたヒマシ油湿布とオイルマッサージ(オイルトリートメント)、オイルを使って健康に!

内面も外面も、いつでも元気で美しくいたいものですよね。
Conekoyaはあなたの専属セラピストとしてこころとからだをケアします。

リコネクション専用HPあります。
https://conekoya333.jimdo.com/
2015年5月、速やかにリコネクションサーティファイドプラクティショナーにタイトル更新しております。

営業日はConekoyaのHPをご覧ください。

ココアバター

こんにちは、Conekoya(仔猫屋)猫好きセラピストです

ケイシー療法でココアバターといえば
Babyのマッサージ

わが子が成人してもう何年もたっている身としては
進んで使用する場面がこれまでなかったわけですが

なんと!
ココアバターの虜になってしまいました

Conekoyaは「生活の木」の商品を取り扱っていて
先日ふと直感的にココアバターを注文してみました。
届いたココアバターを手の甲に塗ってみると
あらあらなんだかいい感じ
どんどん肌になじんで吸収されていって
仕上がりはしっとり

しかもオイルでどうしても残ってしまうベタベタ感が一切なく
上質なハンドクリームをつけたみたい。

固形なので持ち運びにも便利!
肌の上、もしくは湯煎で溶けます。
見た目はホワイトチョコのかけら。

ココアバター201804


早速バッグに忍ばせて携帯。

翌日、古くからの友人宅を訪問する機会があってお邪魔したところ
産後4か月のお嬢さんとBabyちゃんがいらっしゃるではありませんか!

Babyちゃんにぬりぬりするのはやり方をきちんと確認してからでないとさすがに心配なので
まずはBabyのmamaから。

前の夜あまり眠れなかったというmama。
洋服を着たままで
首筋(頸椎)あたりと腰(腰椎~仙骨)のあたりにかる~くぬりぬり。
そのあとすこ~しハンドトリートメント。
あまいチョコの香がほのかに漂います

mamaが「めっちゃ癒されるぅ~

その夜mamaはぐっすり朝まで眠ることができたそうです。
そして、mamaのママからは
「マッサージ、娘が絶賛しておりました」とご連絡をいただきました

本当に短時間でそんなに癒される効果絶大なものなのか・・・
逆にセラピストが驚きです。
で、セラピスト自身もmamaと同じ箇所をじぶんでぬりぬり

お風呂上りにぬりぬりしてみたところ
なんとリアルにその夜の眠りのいい感じだったこと!

元々すぐ眠れるたっぷり眠れる私は
睡眠に関してさほど問題はないのですが
それにしてもなんだか違ういい感じ

先日Study groupのときに
日本エドガー・ケイシー協会の光田会長に直接お聞きしてみたところ
Babyと80歳以上の高齢の方にはココアバターがいいそうです。
会長はお嬢さんに生後3日目くらいから使っていらっしゃったそうです。
へーっ

しばらくココアバター携帯の日々が続きそうな予感


不思議なこと

こんにちは、Conekoya(仔猫屋)猫好きセラピストです

Conekoyaのサロンはリコネクティブ周波数に満たされているため
ちょいちょい不思議なことが起こります。

前回のblogでも少し触れたのですが
これまでなんとなく隠そうとしていたところ
普通のサロンと違うところ・・・つまりは変なサロンと思われるかもしれない(と私が勝手に心配していた)部分を
これからは敢えて意図的に隠さず
ナチュラルに、もちろん大げさにならないように
書いていけたらいいな、と思います。

先日、小さく不思議なことがありました。

そのきれいなマダムのお客様(私の素敵な同級生のひとり)はいつも
基本の右わき腹のひまし油湿布にプラスして
第7頸椎あたりから肩甲骨部分に中サイズのひまし油湿布もなさっています。

「中サイズの湿布、今日はどのあたりかなぁ・・・。」と
お客様の首・肩から背中にかけて軽く左手をすべらせながらちょうどよい場所をお客様ご自身と探し始めて間もなく
お客様の首が少し動いて
かわいく、しかしはっきりと“バキッ”という音がしたのです。
(よく首を動かしてバキバキ鳴らしているあの音です。)

そして彼女が「あ、治った
「??? 何が?」と、それについては何も聞いてなかった私。
数日前に少し無理して肋間神経痛が出たことはおうかがいしていましたが
首については全く知らなかったのです。

「今朝起きてから首が痛くて回らなかったのよねー。回るようになった!はやすぎやね
とのコメントをききながら
「いつもよく首を回して鳴らすの?」
と尋ねたのですが
普段は全然そんなことないそうです。

「結構首を鳴らすんだぁ。」
と勝手に思った私の読みが外れてよかった

いやいや、本当はそんなことよりも
もっと素敵な宇宙の計らいがあったことに感謝しなくちゃいけませんね

ビオラと白い花-2 201804
Conekoyaの玄関、今年のビオラはこんな色

おっと、もちろんこの色も。
ビオラ201804
お花は少し大きめタイプ。

リコネクティブ・ヒーリングのプラクティショナー

こんにちは、Conekoya(仔猫屋)猫好きセラピストです

今日はリコネクションについて
昨日のリコネクション・ジャパンのFBからシェアさせていただきます。
文字の色、間隔等は変えております。ご了承くださいませ。

【エネルギー基準値研究結果より】


 アリゾナ大学ゲイリー・E・シュワルツ医学博士らによって、5つの異なるヒーリングプラクティショナーのエネルギーを比較測定したテストが行われました。



その結果、リコネクティブ・ヒーリングのプラクティショナーは他の人たちと比べてセッションをしていない時にも高水準の「光を発している」こと。リコネクティブ・ヒーリングのプラクティショナーがセッション中になるとさらに「光量が増し、さらに高いエネルギーレベルに」なりました。



「どうやら、リコネクテ

ィブ・ヒーリングのプラクティショナーは光を創り出し、さらに輝かせ、変化させ、周波数に影響しているように見える」と結論付けられました。



リコネクションオフィス発行「リコネクションと科学」より



画像に含まれている可能性があるもの:空、夜


世の中にはたくさんの種類のヒーリングがあります。
たくさんの“気功”のようなものがあります。
その中で常々私が感じてきたことがあります。
そして今まであまり口に出したり文章にしたりしてこなかったことがあります。
でも、もうそろ思っていることを外に向かって表現してもいいのかな、って
思うようになりました

今まではなかなか言い出せなかったことです。
でも、もうわたしもいい年になってきたので
そろそろ本音で語ってもいいでしょうか。

リコネを始めたかなり早い段階から私は気づいていました。
これは「私の大好きな不思議な世界」というレベルのものではないと。
そしてスピ全盛期(?)にいろいろなスピリチュアルセミナーに参加しながらいろいろなプラクティショナーのかたにお会いしながら
エリックが言っていた「ろうそくの灯り」と「ヘッドライト」くらいのレベルの違いを痛感していました。
その例えで言えばもちろんリコネクションはヘッドライトです。
もちろん、エリックの言うように
ろうそくの灯りにはろうそくの灯りのよさが
ヘッドライトにはヘッドライトのンよさがあります。

アリゾナ大学はウィキペディアで
アリゾナ大学は、学生数40,000人(2014年現在)を超える大規模の公立(州立)大学であり、その評価は公立の大学として最高の部類に属し、アメリカ合衆国の最重要公立大学の一つに数えられる。」
アリゾナ大学は、シリコンバレーと並ぶ先端技術産業の集積地であるアリゾナバレーにおいて、中核的な役割を果たす機関であり、アリゾナ州のハイテク産業の成功の基礎になっている。その一例として、アリゾナ大学の光科学部は、ノーベル賞受賞者であるニコラス・ブルームバーゲンウィリス・ラムを有しており、その研究プログラムは、光の特性や用途の開拓のための幅広い技術を用いた、科学と近代産業のあらゆる分野を網羅した革新的かつ包括的な内容であり、国際的に極めて高い評価を得ている。」(一部抜粋)

となっています。光に関する研究で最先端の大学においてなされた研究で出た結果は
結構イケてるのではないかと思っちゃいます





ギャラリー
  • チロルがせっせとお接待
  • チロルがせっせとお接待
  • Dr.アモンテによるケイシー療法週末集中セミナー参加しました
  • はなちゃんの不思議な魅力
  • 言葉で表現することが難しいリコネクション体験
  • ココアバター
  • 不思議なこと
  • 不思議なこと
  • リコネクティブ・ヒーリングのプラクティショナー
Conekoyaプロフィール
レトロな愛媛県松山市三津の商店街。とある一軒家に猫好きセラピストがもう仔猫でなくなった黒っぽい猫のはなちゃんとゆるく平和に暮らしています。 セラピストは施術が大好き。親しい人々からは「三津の白い魔女」と呼ばれています。 ここに通う素敵な人々はあの手この手で“めっちゃ気持ちよくめっちゃゆるめられらくに無理せず”前よりもきれいに、元気に、健康に、なっていくのです。


Conekoyaホームページ

松山南高校ホッケー部OG交流会
  • ライブドアブログ