最初のスタディグループででてきた
上巻第1課のアファーメーション。
4年前はとんちんかんだったけれど
すこしずつ浸みてきた感じ。
まだまだ、だけど。

“わたしの意志ではなく、おお主よ、あなたの御意(みこころ)が
わたしの内に、わたしを通しておこなわれますように。
わたしがさまざまな形で接するすべての人に対して、
わたしを今日、いま、祝福の水路としてください。
わたしが(心の奥深くに)入る時も、(そこから)出る時も
いつもあなたがわたしに望まれるものと調和していますように。
あなたに呼ばれる時、わたしは答えます。
わたしはここにおります。
どうかわたしを遣わし(つかわし)、
わたしを用いて下さい
。”

エドガー・ケイシー<口述>
AREスタディグループ<編纂>
光田 秀<訳>
たま出版 『神の探究 Ⅰ』より