リコネクションⓇ、リコネクティブヒーリングⓇでは
クライアント様はそれぞれに様々な体験をなさいます。


昨日、今日、と
かわいい奥様に勧められたことがきっかけで
リコネクションを受けられたダンディなご主人様は
以前にヒーリングもお受けいただいているのですが
そのときも今日も
セッション中に体が揺れる感じがするのが不思議で

「ベッドに何か仕掛けでもあるのでは・・・」と言ってるのだと
奥様が愛情いっぱいのチャーミングな表情でおっしゃっていました。

“患者がどんなことを体験しているか外面から正確に解釈できないというのは事実だが、この力はそれ自体の知性-非常に高度な知性-を持っており、たとえ制限され、教育され、帰納的に方向付けられた僕たちの知力にはわからなくても、その高度な知性は患者にとって何が適切かを知っている。”
エリック・パール著『リコネクション』P285より


“ときどき患者がヒーリングを認識しないことがあるかもしれない。あなたはこれについても責任がない。ヒーリングは、あとになってからはっきりわかるという形でやってくるのかもしれないし、しばらくは容易に認識できないような形でやってきているのかもしれない。前に述べたように、以前は「誰でも癒やされるんですか?」と聞かれたら、僕は「いいえ」と答えていたものだ。でも今では誰もが癒やされると感じている。ただ、トランペットやラッパの音とともにやってくるものではないというだけのことだ”
エリック・パール著『リコネクション』P287より


リコネクション―人を癒し、自分を癒す
エリック パール
ナチュラルスピリット
2006-06