エドガー・ケイシーが血液浄化のためにすすめた野菜
クレソン、セロリ、ニンジン

普段なかなか出会えないクレソンに遭遇!
この値段でこのたっぷり感。
感動です。

もちろん細かく刻んでほかの野菜と一緒にサラダでむしゃむしゃ。

KIMG1954
KIMG1956


「ケイシー・リーディングでも、癌患者に対する最も目立つ指示は、生野菜の摂取であり、かなり進行した癌の人には、「うさぎや牛が食べるもの」を食事とするよう指示がでている。リーディングからわかることは、生野菜は癌を予防するだけでなく、治療も増進するということである。
ウィリアム・A・マクギャレイ 著 「21世紀の医学」P322より

「ドイツの研究によると、毎日サラダを食べている人は、一日おきにしか食べない人に比べ、乳がんになるリスクが二分の一ですが、加熱した野菜しか食べない人は乳がんの予防効果が全くなかったといいます。
(中略)
緑の野菜を加熱すると酵素(生命力の源)が完全に失われてしまうばかりか、中に含まれるファイトケミカル類(イソチオシアナート、ルテイン、ジアキサンチン、ベータクリブトキサンチンなど)のバイオアベイラビリティー(生物学的利用能)も減少してしまうのです。
  ※トマトに含まれるリコピンや、ブロッコリー、芽キャベツ、ケール、小松菜などに含まれるインドールのように、加熱した方がバイオアベイラビリティーが高まるファイトケミカルもあります。
松田麻美子 著 『50代からの超健康革命』P104より