Conekoya 猫好きセラピストのおうちサロン

四国愛媛県松山市で エドガー・ケイシーがリーディングで勧めた「ひまし油湿布」とオイルトリートメントを実践する小さなプライベートサロンです。 地方に居ながらリコネクションが受けられるサロンでもあります。

リコネクション

Conekoyaへようこそ。

エドガー・ケイシーの勧めたヒマシ油湿布とオイルマッサージ(オイルトリートメント)、オイルを使って健康に!

内面も外面も、いつでも元気で美しくいたいものですよね。
Conekoyaはあなたの専属セラピストとしてこころとからだをケアします。

リコネクション専用HPあります。
https://conekoya333.jimdo.com/
2015年5月、速やかにリコネクションサーティファイドプラクティショナーにタイトル更新しております。

営業日はConekoyaのHPをご覧ください。
2018年8月~11月は完全予約制とさせていただきます。前日18:00までのご予約をお願いいたします。ご迷惑をおかけしてまことに申し訳ございません。何卒よろしくお願い申し上げます。

人生に風穴を開けるにはピアスではなく・・・

こんにちは、Conekoyaの猫好きセラピストです。

「風穴を開ける」とは、大辞林第3版によると
槍で突いたり、銃で撃ったりして、体に穴をあける。 「どてっぱらに-・けてやるぞ」
閉塞状態にある組織などに、新風を吹き込む。

本日のクライアント様との会話で書き留めたいと思った迷言、いや名言が
「人生に風穴をあけようと思う時にはピアスの穴をあけよう!とずっと思ってきたけれど
 リコネを受けたらピアスの穴をあけずに済んだの。
 リコネは人生に風穴を開けるよ!
はた目から見ると当時十分幸せそうだった彼女の人生は
実はかなりハードな危機的状況で
心身ともにどん底だったと今日改めて話してくださいました。
誰の人生も周りからは本当のところはわからないものですね。
リコネクティブヒーリング、リコネクションのセッション後は
いろんなことがたくさん動いておめでたいことが次々と・・・。

リコネクション🄬、リコネクティブヒーリング🄬を合わせて
わたしやほかのプラクティショナーさん、私の周りの人たちは「リコネ」といいます。
この一般的には正体不明の「リコネ」に対して
「うわっ、これ、ちょっとアブナイやつじゃない・・・?」
「こういうの、苦手~。ここ(orこの人)大丈夫かなぁ?」
と思われる方が少なからずいらっしゃることも十分理解できますし、
価値観や好みは本当に人さまざだと思っておりますので
サロンでは無理にお勧めすることはございません。
その点はご安心くださいね。
本当はもっと熱心に積極的にお伝えするべきなのかもしれないのですが
ただでさえマーケティング下手な私、
商売っ気がなさすぎるよと何度もクライアント様からあたたかいお言葉をいただいているくらいなので
おそらく最初のご来店のときにちょろっと紹介するくらいで
あとは聞かれるまでご説明することはないと思われます。
よっぽどお勧めしたいと思う場合は
ホンの少しだけ「どうですか?」とおうかがいするかもしれませんが
そのお声かけも今までの経験上、あまり功を奏していないみたいです(笑)。

しかし、ご縁のある方はしぜんとお受けになるようになりますし
実際にご自身で「何かある!」と実感なさったあとは
ご家族へのギフトヒーリングをご希望なさいます。

遠隔のギフトヒーリングはヒーリングをお受けになる当人に知らせることなく
そっと祈りのように実施することができます。
受けられる方はどこにいても何をしていても構いません。
(便利でしょ

ただしこれは結果を決めて行うものではありません。
宇宙が、Something greatが、神様が
受け手にとって最上と決めたものが届きます。
一見して希望したものとは違うものが届くことがあるかもしれませんが、
そんなときは少し経過をながめていてください。
それがどこにつながっていくのか・・・。

遠隔でできるのはリコネクティブヒーリング🄬のみです。
リコネクション🄬は対面セッションとなります。

ヒーリングの目的はバランスをとることです。

ご家族のために愛情のひとつとしてギフトヒーリングはいかがですか?
詳しくはConekoya リコネクション専用HPをご覧くださいませ。



私たちの目的は霊的に成長すること

自分の理解が深まることで
さほど面白くないと思っていた本がものすごく面白くなる
そんな経験はありませんか?

まさしく今回、そんな新鮮な驚きでした。
魂との対話―宇宙のしくみ 人生のしくみ
ゲーリー ズーカフ
サンマーク出版
2003-03


スピ系の本・・・のつもりで過去の私が購入した本ですが
この本、なんと、書き始めの時点では『物理学と意識』というタイトルになる予定だったらしい。
著者のゲーリー・ズーカフはハーバード大卒業後、ベトナム戦争に参加。
『The Dancing Wu Li Masters』でアメリカン・ブック・アウォード科学部門賞を受賞。
量子物理学を学びたい人たちのバイブル的な存在となった、とのこと。

そんな著者が書いた本には
リコネクションを続けてきた中で学んだことがたくさんちりばめられています。
リコネクションのセミナーでおすすめの本の一つになっていたのがよくわかりました。
書かれている内容を理解できたのが今頃ですが(≡ω≡.)
   

そして、エドガー・ケイシーの神の探求のStudy Group で学んだことと共通することもたくさん。
ケイシーは霊能力を高めるのではなく霊性を高めるように言いました。


でも、面白いことに
当時の私は、この本を読みながら
「わかりきったようなことを書いているなぁ・・・。」
などと思っていたのです。
なんてことでしょう・・・

豚に真珠、馬の耳に念仏
ってところでしょうか。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:
(前略)いまの時代をこの地球という貴重な星の上で生きている私たちの目的は、自分自身を自分の魂と同調させることです。調和、協調、共有、そして、生命に対する畏敬の念を創造することです。霊的に成長することです
 これは、私たちの進化の新しい道です。ほかの人たちを操り、コントロールする能力を追求してきた古い道は、もはや機能しなくなってきています。それがいまつくり出しているものは、暴力と破壊のみです。
(中略)
 私たちはいま、人類というひとつの家族として、急速に成長しつつあります。自分たちのより深いルーツに、そして、互いのより深い結びつきに、目を向けはじめています。私たちはいま、ひとつのより大きな生命の織物のなかで、自分の役割を意識的に果たそうとしはじめています。
『魂との対話』P278 訳者あとがきーゲーリー・ズーカフからのメッセージ より
*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:


リコネクションもケイシーの学びも
ひとをコントロールしません。
裁くこともしません。

それがわたしがリコネクションもケイシーも大好きな理由のひとつです。

この本、本当はもう捨てようかなと思っていた本だったのですが
これまたリコネ的な流れでちょっと目を通すことになったおかげで
これからは私の大切な本の一つに加わることになりました。

この10年近くの学びは
知らない間に多少私を成長させてくれていたようです


遺伝子は、スイッチが入るのを待っている。

今日はときおり小雨がぱらつく中
村上和雄先生のドキュメント映画「SWITCH」を観に西条へ

まずは紅葉をみたくて伊曽乃神社へ立ち寄ったのですが
まだ葉は色づき始めたばかり。

KIMG1982


KIMG1983


人間の遺伝子には、1000文字×1000ページの百科事典約3,200冊分の情報が入っているといわれているけれど、生涯使われる遺伝子はその数%らしい・・・。


SWITCHがonになるために紹介されたいくつかの条件の中でつよく心にのこっていること

“それぞれの使命にに気づいたらSWITCHはonになる”



そしてやはりDNAといえばリコネクション
“「あなたがやっていることは、ストランドを再結合(リコネクト)することである
(中略)
このヒーリング・エネルギーを使うとき、単に特定の不具合を治す以上のことをやっているのである。つまり、デオキシリボ核酸(DNA)のストランド(鎖)を文字どおり再結合しているのであるDNAは、ひねった梯子のような二重らせんの形で結合された二本のストランドから成る複合分子である。
(中略)
科学が教えていないことは-少なくともこの時点で-かつて僕たちはいまよりもずっとたくさんの情報をコード化していた十二本のストランドを持っていたかもしれないということだ。(中略)「ストランドを再結合する」ということは、直線に近い形で前に前にと進化し続けることよりも、むしろそれと同時に適切な時期まで時をさかのぼり、僕たちがもっと完全な人間だった時からある側面を持ち帰ってくることによって、人類が恩恵を受けるということになるということをほのめかしている。
以上が今リコネクションに関して起こっていることの一部であるつまり、僕たちは、かつての自分たちと再びつながろうとしているのだ。”
エリック・パール著『リコネクション』P141~P142より

リコネクションに出会えた幸せ・・・
ギャラリー
  • チロルがせっせとお接待
  • チロルがせっせとお接待
  • Dr.アモンテによるケイシー療法週末集中セミナー参加しました
  • はなちゃんの不思議な魅力
  • 言葉で表現することが難しいリコネクション体験
  • ココアバター
  • 不思議なこと
  • 不思議なこと
  • リコネクティブ・ヒーリングのプラクティショナー
Conekoyaプロフィール
レトロな愛媛県松山市三津の商店街。とある一軒家に猫好きセラピストがもう仔猫でなくなった黒っぽい猫のはなちゃんとゆるく平和に暮らしています。 セラピストは施術が大好き。親しい人々からは「三津の白い魔女」と呼ばれています。 ここに通う素敵な人々はあの手この手で“めっちゃ気持ちよくめっちゃゆるめられらくに無理せず”前よりもきれいに、元気に、健康に、なっていくのです。


Conekoyaホームページ

松山南高校ホッケー部OG交流会
  • ライブドアブログ