Conekoya 猫好きセラピストのおうちサロン

愛媛県松山市でリコネクションが受けられるサロン。 エドガー・ケイシーが勧めた“ひまし油湿布”も好評。

エドガー・ケイシー

Conekoyaへようこそ。

エドガー・ケイシーの勧めたヒマシ油湿布とオイルマッサージ(オイルトリートメント)、オイルを使って健康に!

内面も外面も、いつでも元気で美しくいたいものですよね。
Conekoyaはあなたの専属セラピストとしてこころとからだをケアします。

リコネクション専用HPあります。
https://conekoya333.jimdo.com/
2015年5月、速やかにリコネクションサーティファイドプラクティショナーにタイトル更新しております。

営業日はConekoyaのHPをご覧ください。

ぎっくり首・五十肩にもヒマシ油湿布

眠れる預言者エドガー・ケイシーが勧めたヒマシ油湿布
毒素排泄のため基本的には肝臓のある右脇腹に湿布しますが
痛みもとってくれる超優れものなので
Conekoyaでは右脇腹+首や肩のダブルで湿布することもしばしば。

めったにテレビをつけない私ですが
たまたまつけたテレビに
『ぎっくり首』なる言葉が取り上げられているではありませんか。
そうそう、首をこじらせてヒマシ油湿布をなさっているクライアント様のことが浮かびます。
テレビで言っている、無理に刺激を与えない、温める・・・ヒマシ油湿布、ばっちりです。

今年の夏、五十肩にある朝突然なられたクライアント様の回復の早かったこと!

“ヒマシ油湿布療法は、〔病気の〕初期段階で始めると最良の効果が得られる。なぜなら、その混乱した感情パターンが、まだ肉体の中に固定していないからである。”
 ウィリアム・A・マクギャリー著 
 『エドガー・ケイシーの癒やしのオイルテラピー』P242より


できるだけ早い段階でのヒマシ油湿布がいいですね。
何ヶ月も何年もこじらせている場合でも、
繰り返し続けることで体本来の治癒力が働き始めて、いい感じに・・・。







血液浄化の強い味方 クレソン

エドガー・ケイシーが血液浄化のためにすすめた野菜
クレソン、セロリ、ニンジン

普段なかなか出会えないクレソンに遭遇!
この値段でこのたっぷり感。
感動です。

もちろん細かく刻んでほかの野菜と一緒にサラダでむしゃむしゃ。

KIMG1954
KIMG1956


「ケイシー・リーディングでも、癌患者に対する最も目立つ指示は、生野菜の摂取であり、かなり進行した癌の人には、「うさぎや牛が食べるもの」を食事とするよう指示がでている。リーディングからわかることは、生野菜は癌を予防するだけでなく、治療も増進するということである。
ウィリアム・A・マクギャレイ 著 「21世紀の医学」P322より

「ドイツの研究によると、毎日サラダを食べている人は、一日おきにしか食べない人に比べ、乳がんになるリスクが二分の一ですが、加熱した野菜しか食べない人は乳がんの予防効果が全くなかったといいます。
(中略)
緑の野菜を加熱すると酵素(生命力の源)が完全に失われてしまうばかりか、中に含まれるファイトケミカル類(イソチオシアナート、ルテイン、ジアキサンチン、ベータクリブトキサンチンなど)のバイオアベイラビリティー(生物学的利用能)も減少してしまうのです。
  ※トマトに含まれるリコピンや、ブロッコリー、芽キャベツ、ケール、小松菜などに含まれるインドールのように、加熱した方がバイオアベイラビリティーが高まるファイトケミカルもあります。
松田麻美子 著 『50代からの超健康革命』P104より

自分に忍耐する

ケイシーの言う三次元とは・・・
時間・空間・忍耐


忍耐は私たちの霊性の尺度のひとつであって
忍耐によって私たちの霊性は測られるらしい。

”自分は愛情いっぱいだと言いながら
忍耐できない人は本物ではない。
忍耐は当然愛情に含まれるから。”
と、『神の探究 上巻』にStudy Group のときの書き込み。

そして
忍耐は相手に対する忍耐以外にも
自分に対する忍耐もある。
ここが当時、私にとっては新鮮だった。

自分に対する忍耐とは・・・

何かやったときに成果がでないときに
自分に腹を立てない
自分の出来の悪さにがっかりせず
忍耐強くコツコツと努力していく。
重要なのは、
私がそのときに全力を尽くしたかどうかだけ。
あとは、相手のうけいれ様と神(宇宙)のなさり様。

しかも忍耐はただ単に我慢するのとは違い
喜びをもって積極的に忍耐出来るように・・・
結構レベルが高いわ(≡ω≡.)


「善悪を知る木」ではなく・・・

ケイシー的には
エデンの園での「善悪を知る木」というのは
どうやら訳がおかしいらしい。
「優劣を決める木」の方があっているらしい。

究極的には善も悪も優劣もない
見掛け上異なっている世界で
みんな自分を高める練習をしている

見掛け上 優劣があるように見える世界であるから
練習になる

そうそう、そうなんだよね。
と、この年齢になるとわかってきた。
遅い・・・

乳ガンにオオバコローション

8月のstudy groupは、
ビーフジュースとオオバコローション作り。
調理室にて実習。

【オオバコローション】
オオバコ200g 生クリーム(乳脂肪分が多いもの)200g
1.オオバコは茎から下の部分を取り除き葉っぱだけにする。
 柔らかいはっぱがローションに適している。固い葉っぱはオオバコ茶に。
2.葉っぱを何枚か重ねて葉脈に直角に包丁を入れて、そのあとはみじん切り。
 ブレンダーでさらに細かくして、さらにすりこぎで細かくする。
3.細かくなったオオバコを鍋に入れて、生クリームを加えて弱火で約15分。
 金属鍋は使わない。ホーロー鍋か硝子鍋か土鍋。
できたものは約一週間保存可能。

夜、寝るときに
しこりのある部分に貼りつける。
朝まで。
2~3ヶ月続けると、おできのように
表面に浮いてくるらしい。
金平糖みたいなかんじ、だとか。
で、破裂して出血する場合もあるそうだ。
皮膚がんとかにもいいらしい。
体の内側、内臓とかのガンにはオオバコ茶がよいとのこと。

KIMG1734
光田会長のなんとも繊細な手 。゚+.(・∀・)゚+.゚ 会長自らデモンストレーション。

KIMG1736
生クリームを投入

KIMG1738
こんな感じの仕上がり
ギャラリー
  • サビ猫チロルのお接待
  • サビ猫チロルのお接待
  • リコネクション メンタリング合格です
  • リコネクション メンタリング合格です
  • エゴの白い花が満開
  • エゴの白い花が満開
  • ジューンベリーの花が咲いています
  • ジューンベリーの花が咲いています
  • ジューンベリーの花が咲いています
Conekoyaプロフィール
レトロな愛媛県松山市三津の商店街。とある一軒家に猫好きセラピストがもう仔猫でなくなった黒っぽい猫のはなちゃんとゆるく平和に暮らしています。 セラピストは施術が大好き。親しい人々からは「三津の白い魔女」と呼ばれています。 ここに通う素敵な人々はあの手この手で“めっちゃ気持ちよくめっちゃゆるめられらくに無理せず”前よりもきれいに、元気に、健康に、なっていくのです。


Conekoyaホームページ

松山南高校ホッケー部OG交流会
  • ライブドアブログ