Conekoya 猫好きセラピストのおうちサロン

四国愛媛県松山市で エドガー・ケイシーがリーディングで勧めた「ひまし油湿布」とオイルトリートメントを実践する小さなプライベートサロンです。 地方に居ながらリコネクションが受けられるサロンでもあります。

リコネクション

Conekoyaへようこそ。

エドガー・ケイシーの勧めたヒマシ油湿布とオイルマッサージ(オイルトリートメント)、オイルを使って健康に!

内面も外面も、いつでも元気で美しくいたいものですよね。
Conekoyaはあなたの専属セラピストとしてこころとからだをケアします。

リコネクション専用HPあります。
https://conekoya333.jimdo.com/
2015年5月、速やかにリコネクションサーティファイドプラクティショナーにタイトル更新しております。

営業日はConekoyaのHPをご覧ください。

ケイシー療法講座 in 松山《Body・Mind・Spirit その2》

こんにちは、Conekoya(仔猫屋)猫好きセラピストです

2月18日日曜日、松前町でケイシー療法講座が行われました。
まずは前回の復習です。

Bodyは 肉体(黒線)
     
Mindは 精神体エーテル体ともいいます)(青線)
     

Spiritは 魂(霊体)(赤線)

人体三層構造手描き図

という3層構造をおさえたところで・・・
エーテル体の続きからスタートです。

なんと!
エーテル体は新陳代謝をしている!
エーテル体は血液の流れに沿って流動している!


だからエーテル体のずれを治すインピーダンス装置
必ず脈のとれるところに装着するそうです。

この不思議な装置を使うことで認知症が2~3ヶ月で改善したケースが
いくつかあるというお話をきいて
詳しい構造は理解できない・・・いや、理解する気がない私は
『万が一認知症になりかけたらインピーダンス装置を使おう!』
と思った次第です


次に『憑依』のお話

なんと!
憑依例は取りつきやすい場所が決まっている!
 (頸椎3番、胸椎9番、腰椎4番)
エーテル体は血液の流れに沿って流動している!

だからエーテル体のずれを治すインピーダンス装置
必ず脈のとれるところに装着するそうです。

そしていろいろなアプローチによって憑依したものを除いても
その人の精神状態や考え方がかわらなければ
又同じようなものが来る
そうです。

やっぱりそういうことなんです
いくら有能な霊能者の人に除霊してもらったところで
(本当の憑依はとてもとても稀だと思いますが)
本人の在り方が変わらなければ結局同じことの繰り返しになるのです。

リコネクションを始めてからは
こういう憑依だの悪霊だのは全く気にしなくなった私。
毎年厳島神社さんの家内安全のお札を買ったりいただいたりする一般的な日本人ではありますが
ときどき耳にする「何か憑いている・・・」的なお話はどうも苦手です


“僕が仕事に加護の概念や儀式を取り入れるにつれ、セッションはどんどんドラマチックになっていったが、ヒーリングの効果は急速に衰えていった。(略)
ある日突然このような儀式と恐れと、ヒーリング効果の低下の関係性が明らかになり、僕はすべての儀式をやめたー少なくとも僕が認識できた儀式はすべて。塩水のボールは捨て、大天使や他の「守護者たち」を呼び入れることもやめ、さらに神の立ち会いを求めることさえやめた。どっちみち神はいつも一緒にいるということを理解したからだ。嘆願するような祈りもすべて廃止し、今では朝、家を出る前に最もハッピーな感謝の祈りを唱えるだけだ。たまに唱えるのを忘れてもまったく問題ない。なぜなら、今では患者と相互に影響しあうなかで、変容というすばらしい現象が起こることを知っているからだ。そしてその結果、何が僕のもとに残されようとも、それは贈り物以外の何物でもない
『リコネクション』P209より

みんな、こわがらせるようなことは言わないでおこうね
そしてもしもだれかにそんなことを言われたとしても
高い壺なんて買わないでね

そして、肉体 BODY → 精神体 MIND につづいて 霊体 SPIRIT
最終的にからだを治してくれるのは霊の恵みであり
霊の恵みは神がもたらしてくれるもの
心と精神と意図を正しく保つように心がけたいものです。
できるかぎり・・・

五十肩はこうして3ヶ月で見事に回復! ずっと上がらなかった肩が・・・その2

こんにちは、Conekoya(仔猫屋)猫好きセラピストです
この冬は本当に寒いですね。

昨年の12月に五十肩の回復についてこのクライアント様の報告の続きはまた後日・・・。」
と書いたまま放置していたケースを本日やっと完結させることにしました


時系列で追っていきましょう。

2017.04.05 ヒアリング
「1年ほど前(2016年春頃)に右肩の変な感じが続いた後、右腕が痛くなり上がらなくなりました。
旅行中(2017年1月)にスーツケースが改札口に引っ掛かり
“ガーン!”と衝撃が走って後ろにぐーっと引っぱられ、さらに痛めてしまいました。
右肩はずっと真横あたりまでしか上がりません
後ろに手が回らないのでブラのホックはブラを下げてずっととめています。
普段何もしていなければ痛くはありませんが、朝は痛みがあります。
特に右を下にして寝ていて起きた時などは動かし始めるのがとても痛くて気合が要ります。
とても痛い・・・だけど起きないと・・・
という具合に、動かし始めが特に痛いんです。」

というお話を聞いて
ひまし油湿布とオイルトリートメントを翌日から開始することに。


2014.04.06(1回目施術)
基本のひまし油湿布60分のあと背中の軽いオイルトリートメントを5分だけ。
肩にもひまし油湿布したいところですが、初日ということもあって
様子をみるために基本的な肝臓部分のみの湿布だけにしました。

この後、少し腕が上がるようになりました。

ここでリコネクティブヒーリング。
このときのことは前述の12月のblogでご紹介していますが
(例のTV番組風にいうと・・・)なんということでしょう
真横までしか上がらなかった肩がほぼ上まで上がっているではありませんか!
左右同じくらいの感じで、真上まであと少し、です。
        ↓
        ↓
  この日の帰宅後のクライアント様
「服を脱ぐときに、これまでは(肩が上がらないので)袖を一度抜いてから脱いでいたのですが
両手を同時に(体の前で)交差させてふつうに脱ぐことができてびっくりしました!」


2014.04.11(2回目施術)
肩用の中サイズひまし油湿布と肩甲骨用の中サイズひまし油湿布を追加で作って
基本の肝臓部分の湿布にプラス。
専用ヒーターで3か所を60分間同時にあたため
終了後に体についているひまし油をきれいにふき取ったあと
別のオイルをかるく塗りこみました。


2014.05.30(3回目施術)
調子がよくなり前回から20日ほど間が空いています。
右肩の調子はよくなって今度は左肩がこって少し痛い、ということでしたが念のため肩用の湿布は右肩にして肩甲骨部分にしていた湿布をやや左よりに。


2014.06.10(4回目施術)
前回痛かった左肩は回復。
施術前に右肩が若干上がりにくい感じでしたが施術終了後はかなり楽に上がりました。


2014.06.20(5回目施術)
しぜんと右手を上に伸ばして高いところのものをとることができる状態になりました。
左右同じように肩があがりますが右肩に違和感はまだ少しだけ残っています。


2014.07.11(6回目施術)
肩の違和感は全くなくなりました。
あれほど痛かった朝起きた時の痛みも違和感もありません。
普段生活しているときには肩が痛かったことはすっかり忘れています。  

ということでめでたくリカバリー
感想をいただきました
(アップを怠り数か月熟成させてしまってごめんなさい )  

『前回(6月)が終わって帰ってから、痛みがあったことをほぼ忘れてしまっていました。
日常生活に苦労することがなく、ブラのホックも自然に出来るようになりました。
こんなにぐんぐん改善するとは、本当に感謝しかありません。
ありがとうございました。』
体験談20170711-2


ヒアリングのときにご記入いただいたカウンセリングシートの目標欄
「3か月後、半年後、1年後・・・どうなっていたいですか?」という質問に
『すごくふつうに肩が上がって動いている状態』と書かれてあります。
見事に目標達成です

こちらこそありがとうございました


ずっと上がらなかった肩が・・・その1

リコネクションのセミナーに参加すると
エリックがいとも簡単にデモンストレーション(?)として
関節炎と診断されて長期間肩が上がらなかった人(事前準備ではありません)の肩をあげちゃうので
なんか、いいよねー(軽くてすみません)と常々思っていたのですが
誰がやっても(ここでは敢えて“ちゃんとしたプラクティショナーなら誰がやっても”と言わせていただきますね)上がるものなのだと実感

体験談をいただいているのでシェアさせていただきます。

“1年位前から右肩が真横あたりまでしか上がらず、洋服を着るのにも苦労していました。
今日はひまし油パックをしてオイルマッサージをした後
リコネクティブヒーリングをしてもらいました。
はじめ、左手がピリピリとして
何か手から私の中に(痛くなく刺さるような感じで)入ってきていると感じました。
ホカホカと体の内側から温まる感じはとても不思議な感覚でした。
右肩から全身に温かい何かが広がっていきました。
気がつくと、上がらなかった右肩がびっくりするほど上がるようになっていました。
鏡を見せてもらうまでそこまであがっているとは思わなかった位でした。
ヒーリングが終わってからも体が温かいもの不思議です。”

このクライアント様の報告の続きはまた後日・・・。

ヒーリング・エネルギーは大いなる源からやってくる

以前にいただいていた体験談をようやくアップさせていただきます

                        

随分遅くなってしまったのですが、以前ヒーリングしていただいたその後談を聞いていただきたくてメールしました。ヒーリング直後は本当に真っ白で覚えていなくて書けなかったのですが、約2か月経ってあれ?と気づいたことがありって書いてみました。
ヒーリングを受けたのが3か月前でしたので、随分お日にちが経過しているのですが、今になって色々と変化を実感しています


一つ目は、ヒーリングを受けた直後。
今まで大切に思ってきたことが今の自分にはそぐわなくなっていると感じていたものをバッサリ手放しました。薄々気づいていたのに手放し難くずっとグズグズしておりましたが、ある時スパッと行動していました。思考よりも気づいたら行動していた・・・という感じでしたが、心理的にもきちんと受け入れられてスッキリとしています。

二つ目は、人間関係&感情面です。
数年前から感情的にわだかまりを持っている方がいて、何かというとその方のことが気になり、批判的な考えが浮かんできていました。そういった感情を持っていること自体、自分でも嫌な気持ちになるので、その感情を手放そう、赦そうとするのですが、なかなかうまくいかなかったのです。

それがヒーリングを受けて2か月後、ふとその方のことが思い浮かんだのですが、いつもならくっついてくる感情が全く出てこないことに気づきました。まだ半信半疑なところもありその後も様子を見ていましたが、感情は消えてしまったかのように真っ白です。そして不思議なことに現実的にその方は私の視界から消えてしまいました(笑)その方を遠ざけたわけでもなく、自然な形で接点がなくなりご縁が終わったようです

そのことは、ヒーリングを受けた直接の動機ではなかったので正直驚きました。
今必要ないもの、溜め込んだ頑固な感情などを私の気づかないうちに自然に、でも強制的に清算されたような感じです。ずいぶんスペースが空いて風通しがよくなり清々しい気持ちでいられるようになりました。ありがとうございました。


                     

「ヒーラー」として、僕たちはリコネクションという鎖を構成する一つの輪になるのだ。ヒーリング・エネルギーは大いなる源からやってくるものであり、僕たちの内に、僕たちを通って流れ、僕たちから、僕たちに放射される。このエネルギーは、プリズムを通過する光のようなものだ。僕たちがプリズムで、僕たちを通して発生する愛(最も気高い意味での)と調和とから成る共通のフィールドにおいて患者と宇宙を結びつける。宇宙は患者たちのニーズを認識し、そのニーズへの適切な対応を可能にする環境を提供する。

今日は私にとってリコネクションday・・・?

一つのことに関連したことが不思議と次々におこる
そんな一日ってありますよね。

昨日、以前遠隔ヒーリングをお受けになった方が
体験談をメールでお送ってくださったことをスタートに
今日は終日リコネクション関係の話題が続きました。

午前中は
ご家族全員がリコネクティブヒーリングを受けていらっしゃるクライアント様からのご相談とその他いろいろなお話。

午後はリコネクション仲間との久しぶりの交流。

夕方に
以前リコネクションを受けられたお子さんがいい流れに乗っているというすてきなご報告がお母さまから入り

そのあとロミさんから『ソロモンスピークス』勉強会(リコネクション関連の勉強会です)の資料が届き

夜は遠隔ヒーリング。

どれも一昨日までは全く決まっていなかったこと。
それが一気に今日に集中する。
いかにもリコネ的な流れを感じるうれしい1日でした

このパワフルで美しいリコネクションをもっと上手にお伝えすることができたら・・・
しかし・・・私がお話すると理屈っぽくなるのです・・・へへっ。

昨日送っていただいた体験談は
また後日ご報告させていただきますね。

ギャラリー
  • ケイシー療法講座 in 松山《Body・Mind・Spirit その2》
  • 五十肩はこうして3ヶ月で見事に回復! ずっと上がらなかった肩が・・・その2
  • からだを作るのに必要なのはまず食事
  • からだを作るのに必要なのはまず食事
  • からだを作るのに必要なのはまず食事
  • 2018年 あけましておめでとうございます
  • 2018年 あけましておめでとうございます
  • ケイシー療法講座 in 松山《Body・Mind・Spirit その1》
  • おかげさまでConekoya 3周年
Conekoyaプロフィール
レトロな愛媛県松山市三津の商店街。とある一軒家に猫好きセラピストがもう仔猫でなくなった黒っぽい猫のはなちゃんとゆるく平和に暮らしています。 セラピストは施術が大好き。親しい人々からは「三津の白い魔女」と呼ばれています。 ここに通う素敵な人々はあの手この手で“めっちゃ気持ちよくめっちゃゆるめられらくに無理せず”前よりもきれいに、元気に、健康に、なっていくのです。


Conekoyaホームページ

松山南高校ホッケー部OG交流会
  • ライブドアブログ